京都府出身のヤバいラッパーをまとめて紹介してありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

京都府出身のヤバいラッパーのまとめ

京都府には個性豊かなラッパーがたくさん活躍しています。

たとえば、ANARCHY、RYUZO、歩歩、RACK、SNIPE、B1SKET、孫GONG、Daichi Yamamoto、13ell、タカツキなど。

京都府には今の日本のヒップホップシーンを盛り上げているラッパーが数多く存在します。

今回はそんな京都府のラッパーをまとめて紹介していきます。

ANARCHY(アナーキー)|京都府出身のラッパー

ANARCHY(アナーキー)は、京都府伏見区向島出身のラッパーです。

1981年9月2日生まれで、3歳の時に京都府伏見区向島の市営住宅・向島ニュータウンに引っ越しました。

16歳の時に暴走族の総長になり、18歳の時に日本で三例目となる『決闘罪』で逮捕され、約1年を少年院を過ごしました。

少年院の中で観た音楽番組にZEEBRAが出演しており、これがきっかけでラッパーへの道を志します。

1stアルバム『Rob the world』や2ndアルバム『Dream and Drama』では、主に過酷な家庭環境や生い立ちをリリックに綴った曲が多く、2014年にメジャーデビューを果たして以降は、成功したことを曲にしていることが多くなりました。

現在はラッパー以外にも、俳優や映画監督など活動の場を広げています。

自身のレーベル『1%(ONEPERCENT)』を立ち上げて、若手ラッパーの育成にも力を入れています。

RYUZO(リュウゾウ)|京都府出身のラッパー

RYUZO(リュウゾウ)は、京都府出身のラッパーです。

1977年5月10日生まれで、本名は森隆三。

RYUZOの魅力は、ハスキーボイスとアウトローな人生を綴ったリリックです。

『HATE MY LIFE』や『THE STORY』など名曲が揃っています。

RYUZOは、1994年から17歳でラッパーとしての活動を開始し、MAGMA MC's(マグマ エムシーズ)というグループを結成して、京都のクラブやライブハウスを中心に精力的に活動し、頭角を表していきます。

その後、関西HIPHOPシーンの中心的存在となったRYUZOは、横浜のOZROSAURUS、名古屋のM.O.S.A.D.とともに、2001年にYOUNGGUNZ(ヤングガンズ)というグループを結成します。

2003年にはMAGMA MC'sがアルバム『MASSIVE』でメジャーデビュー、2005年にはソロデビューを果たしました。

2005年には自身のレーベル『R-RATED RECORDS』を設立し、地元京都で発掘したANARCHYのエグゼクティヴプロデュースを務めました。

現在はレコードバー、セレクトショップ、ジェントルマンズクラブ、音楽酒場なども経営する実業家としても、活動の場を広げています。

孫GONG(そんごんぐ)|京都府出身のラッパー

孫GONG(そんごんぐ)は、京都府出身のラッパーです。

1987年生まれで、16歳からラップを始めます。

その後、HIPHOPクルー『BACKBORN』を結成して、関西を中心に活動。

2015年には1stシングル『孫GONG / 花火 feat.JAGGLA,紅桜』でデビューし、2016年にはアルバム『祭遊鬼』をリリースしました。

孫GONGの父親は京都の老舗ヤクザの組長で、幼い頃からヤクザの組員に囲まれて育つという、半端ない家庭環境でした。

幼少期は団地を燃やしたり、車を燃やしたりなど、破天荒な性格だったことから、京都の教育委員会から『2週間、喧嘩をしなければ賞状を授与する』という要請が出たこともあるそうです。

そのいっぽうで、孫GONGは『親孝行』や『人のために』という考えを持っており、仲の良い人たちを大切にする印象です。

『ありがとう』『花火』『How we walk』などの楽曲が人気です。

Daichi Yamamoto(ダイチヤマモト)|京都府出身のラッパー

Daichi Yamamoto(ダイチヤマモト)は、京都府出身のラッパーです。

1993年生まれで、父は日本人、母がジャマイカ人です。

19歳からラップとビート制作を開始し、ロンドンの大学への留学を経て、インターネットで自主制作の楽曲を発表し始めます。

2019年には初のアルバム『Andless』をリリースし、Apple Vinegar Music Award 2020で特別賞を受賞。

2020年1月には、Spotifyが選ぶ、今年飛躍が期待される注目の新進気鋭・国内アーティスト10組『Early Noise 2020』として選出されました。

『Let It Be』や『One Way』など人気曲は多数あります。

13ell(ベル)|京都府出身のラッパー

13ell(ベル)は、京都府伏見区神川出身のラッパーです。

1992年生まれで、16歳ごろからラッパーとして『13ell』を名乗り始めました。

元プロモトクロスレーサーという異色の経歴で、中学時代に全日本ジュニア大会で優勝し、アメリカの大会にも出場しています。

京都を中心に活動するヒップホップクルー『DCA(ディーシーエー)』に所属しています。

DCAのメンバーは、13ELL・TRASH・RUBBISH・JAYLOX・ISSEI・SONGRIVER・DJ FLIPの7人です。

3rdEP『CANDY DATE』が、iTunesとApple Musicの両方でヒップホップジャンル1位を獲得しました。

人気曲には『満月と黒猫 』『Studio Hero』『FALLIN’ DOWN』などがあります。

136(イサム)|京都府出身のラッパー

136(イサム)は、京都府城陽市出身のラッパーです。

1994年生まれで、過酷で非日常なライフスタイルを送る経験から出る説得力のあるリリックが特徴です。

2012年ごろに京都府南部のラッパー13人で、ヒップホップクルー『BARK BROZ』を結成し、京都のライブでは300人を超える動員数を記録。

その後、BARK BROZは解散し、2013年には立命館大学に入学しつつ、反社会的勢力に所属して、二足の草鞋を履く生活に。

2015年にラッパーの夢を諦めきれず、大学を中退しました。

その後、シーマビスケット(現:B1SKET)と一緒に『PlanetGan9』を結成して、ラッパーの活動を再開します。

人気曲には『Grow In Up』『REAL-T - " 寒唄』などがあります。

B1SKET(ビスケット)|京都府出身のラッパー

B1SKET(ビスケット)は、京都府出身のラッパーです。

1996年生まれで、座右の銘は『明鏡止水』。

過去には高校生ラップ選手権に出場した経験があり、当時はS-MA BISKET(シーマ・ビスケット)という名前で活動していました。

B1SKETは14歳で1人暮らしを経験するなど、厳しい環境の中でヒップホップと出会い、2013年からラッパーとしての活動を開始します。

2018年には自身初の1st EP『b1sket mode 』をリリースしました。

SNIPE(スナイプ)|京都府出身のラッパー

SNIPE(スナイプ)は、京都府出身のラッパーです。

1982年12月24日生まれ、血液型はB型。

1999年に京都でラッパーとしての活動を開始し、2000年に京都の伝説のHIPHOPクルー『ABSOLUTE』に17歳で参加。

多数のイベントに参加して、クルーの中心的存在になり、DJ TAKAYUKIのMIX TAPE『ABSOLUTE』や『ABS SHYMPHONY』に参加します。

その後、2002年にABSOLUTEが解散すると同時に『SHIKI』を結成。

2010年にキャリアを再スタートさせて、2011年2月に1stアルバム『MY BAND』をリリースしました。

さらに、2011年に映画『スリー☆ポイント』にも出演して、話題を集めました。

歩歩(ぽぽ)|京都府出身のラッパー

歩歩(ぽぽ)は、京都府出身のラッパーです。

破天荒なスタイルとユニークな人柄が魅力です。

歩歩は、BINGO、ゆーじ、ジャッキーゲンからなるグループ『ストロベリーパンティース』に参加しています。

最近ではラップバトルだけでなく、野外フェス、路面電車、商店街、お寺、海外などでもライブを行なっています。

そのほかには、YouTubeチャンネル『歩歩チャンネル』も運営。

UMB2014 大阪予選のR指定とのラップバトルで、客先にダイブしたことで有名です。

京都ではラップスクールの講師としても活動するなど、活躍の場を広げています。

またフリースタイルダンジョンにも出演した実績があります。

RACK(ラック)|京都府日向市出身のラッパー

RACK(ラック)は、京都府日向市出身のラッパーです。

1997年1月28日生まれで、本名は清水涼斗(しみずりょうと)。

RACKの魅力は、小説の終わりで固く韻を踏む、オールドスクールなラップスタイルです。

HIPHOPクルー『R-pezio』に所属しており、『back woods camp』というイベントを主催しています。

高校生ラップ選手権の第3回から第7回まで連続出場しており、最高成績は準優勝です。

さらに、UMB2016京都予選で優勝の実績もあります。

ビートメーカーとしてビートアルバムをリリースするなど、ラップ以外の才能も披露しています。

スポンサーリンク

まとめ

最後に、京都府出身のラッパーをまとめておきます。

  • ANARCHY
  • RYUZO
  • 孫GONG
  • Daichi Yamamoto
  • 13ell
  • 136
  • B1SKET
  • SNIPE
  • 歩歩
  • RACK

ANARCHYやRYUZOや孫GONGから、Daichi Yamamotoや歩歩まで、幅広いジャンルの個性が集結するのが京都府ですね。

日本各地のラッパー情報もまとめてあるので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事
スポンサーリンク