「TWO-J(トゥージェイ)の情報を詳しく知りたい」

「愛知県出身のラッパーについての情報を探している」

この記事はそんな方に向けて書いています。

日本のウエストコーストスタイルのHIP HOPシーンに欠かせない存在となっている愛知県豊橋市出身のラッパー「TWO-J(トゥージェイ)」についての研究結果を報告します。

スポンサーリンク

TWO-J(トゥージェイ)の情報まとめ【愛知県豊橋市のラッパー】

TWO-J(トゥージェイ)は愛知県豊橋市出身のラッパーで、その声とライミングはリスナーを虜にする魅力があります。

また、TWO-J(トゥージェイ)はトラックメーカーとしても定評があり、自身の楽曲のトラック制作から他のアーティストへの楽曲提供までは幅広く活動しています。

TWO-J(トゥージェイ)はウエストコーストのHIP HOPカルチャーに魅了されたのがきっかけでヒップホップにハマり、その後、HIPHOPアーティストとしての活動を開始します。

TWO-JとAK-69が出会った時のエピソード

TWO-J(トゥージェイ)はAK-69とW.C.C.のイベントで出会うのですが、当時17歳だったAK-69がTWO-Jと出会った時のオモシロいエピソードをラジオで語っているのでその一部を紹介します。

AK-69「俺ずっとTWO-Jとタメ(同い年)だと思っていて(笑)。しかも、TWO-Jの下の名前がアキラって言うんですけど、TWO-Jと会うといつも『アキラー!ウィッスウィッス!』みたいな感じで挨拶していて、TWO-Jも優しいからそれに合わせてくれていて(笑)。」

TWO-J「なんか元気のある人だな、と思っていた(笑)」

AK-69「その当時、名古屋のラッパーは東京のラッパーと出会った時に年上でも突っ張っていたので、あえてタメ語でいくという風潮があったとは言え、TWO-Jがタメだと思っていたのでそれが嬉しくて、いつもテンション高めに挨拶していました。でも、ある日のレコーディングスタジオの外でタバコを吸いながら、先輩ラッパーのG CUEくんとTWO-Jがタメ語で話しているのを見て、『え!?どういうこと!?』と思って、聞いてみると、TWO-Jが実は2年先輩だったことを知りました(笑)」

その名残があって、AK-69は先輩であるTWO-J(トゥージェイ)のことを今でも「TWO-Jくん」ではなく「TWO-J」と呼び捨てで呼んでいるのに敬語で話しているそうです。

TWO-J(トゥージェイ)のアーティスト活動

TWO-J(トゥージェイ)は2003年にKALT SOUNDSよりリリースした1stミニアルバム「PLAY ON THE STREET」でデビューし、その後、2005年には初のフルアルバム「II-J GROOVIN」をリリースして爆発的なヒットを記録します。

これがきっかけでTWO-J(トゥージェイ)はジャパニーズウェッサイシーンの主要ラッパーとなり、2007年にはHOOD SOUND RECORDSへ移籍し、2007年6月にアルバム「NEW OLD STOCK」をリリースして好調なセールスを記録します。

さらに、TWO-J(トゥージェイ)はライブ活動も勢力的におこなっており、国内のアーティストとの共演はもちろん、ICE CUBE, WC, DAZ DILLINGER, KURUPT, MC EIHT, FOESUMなどの数多くのWEST COASTを代表するHIPHOPアーティストのJAPAN TOURのフロントアクトをしてきました。

その後、TWO-J(トゥージェイ)はFOESUM, FINGAZZ, S.S.O.L., MARLON MONEYといったWEST COASTのアーティストのアルバムに客演で参加しています、

TWO-J(トゥージェイ)のプロデューサー活動

TWO-J(トゥージェイ)はプロデューサーとしての顔も持っており、数十曲にも及ぶ楽曲を国内外のアーティストに提供しています。

多くのアーティストから「TWO-Jが生み出す楽曲はTWO-Jにしか作れない 『TWO-J BEATS』だ」と高く評価されています。

TWO-J(トゥージェイ)が過去に楽曲を提供しているアーティストがこちらです。

  • AK-69
  • LGY
  • PHOBIA OF THUG
  • MR.OZ(ミスターオージー)
  • EL LATINO(エルラティーノ)
  • TONY THE BULL a.k.a.GANXTA CUE
  • NORTH COAST BAD BOYZ
  • HOKT
  • ANTY the 紅乃壱(アンチザクノイチ)
  • EQUAL(イコール)
  • LA BONO
  • RYUZO
  • ANARCHY
  • DESTINO
  • 307BOYS
  • FOESUM(海外アーティスト)
  • SHADE SHEIST(海外アーティスト)
  • NUNE(海外アーティスト)

また、2007年にTWO-J(トゥージェイ)はmixiのコミュニティの中で自身が制作したビートを900ドルでラッパーに提供するという活動もしており、ラッパーが活躍できるような支援をすることで日本のヒップホップシーン全体を盛り上げようとしていたのだと思います。

その後、TWO-J(トゥージェイ)はさまざまな経験を積み、2009年6月にリリースした待望のアルバム「Mr.DEUCE」が発売から一週間で過去の作品を遥かに上回るセールスを記録しています。

今、TWO-J(トゥージェイ)は日本のウエストコーストスタイルのHIP HOPシーンにおいて、無くてはならない存在になっています。

TWO-J(トゥージェイ)の人気曲ベスト5

Boy'z n da HOOD / TWO-J

II-J Groovin / TWO-J

California Cruisin / TWO-J

The World Be Like? / TWO-J feat.DJQUIK

HOLLYWOOD / AK-69 feat.TWO-J

スポンサーリンク

TWO-J(トゥージェイ)の調査結果まとめ

最後に、TWO-J(トゥージェイ)の調査結果のまとめです。

  • 声とライミングにリスナーを虜にする魅了がある
  • 本当はG.CUEと同い年なのにしばらくの間、年下のAK-69に同い年だと思われていた
  • 客演として数多くのラッパーの作品に参加している
  • トラックメーカーとしての才能もあり国内だけでなく海外アーティストにも楽曲を提供している
  • 日本のウエストコーストスタイルのHIP HOPシーンに欠かせない存在
✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク