大阪府出身ラッパーの「GAZZILA(ガジラ)」についての調査結果をまとめたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

GAZZILAの情報まとめ【関西06エリア代表の大阪出身ラッパー】

GAZZILA(ガジラ)は大阪府出身のラッパーで、大阪府を拠点に長年活動しています。

関西06エリア代表のGAZZILAは、オリジナルなラップスタイルを武器に、日本のHIPHOPシーンに欠かせない存在となっています。

1年以上の制作期間を経て完成させた1stアルバム「THE ORIZINAL」は名盤です。ストリート色が強い楽曲が豊富に揃っているアルバムです。

GAZZILAがラップを始めたきっかけ

GAZZILAは東大阪出身で10代からミナミに住むようになりました。HIPHOPに出会ったのは東大阪にいた頃で、ラップを始めるようになってからミナミに出てきました。

もともとGAZZILAは、BMXという自転車競技をやっており、当時の友人にCOE-LA-CANTH(現・C-L-C)のOOGAWAがいて、OOGAWAが突然自分のラップが入ったテープ持って来きました。

それを聴いたGAZZILAは「メチャカッコ良いやん!俺もやる」となり、これがきっかけで自身もラップを始めるようになりました。

GAZZILAはHIDADDYに大きな影響を受けている

ラップを初めて半年経たないくらいに大阪のラッパー「HIDADDY(ヒダディー)」と出会い、フリースタイル文化を教えてもらうようになります。

当時のGAZZILAは、HIDADDYのところに毎日通って、ストーブを囲みながらフリースタイルをしていました。

GAZZILAはHIDADDYに対して「自身のルーツはヒダやんだったりする。あの時に出会っていなかったら、まだラップをやっていたかわからないし、濃いところを見れたかもわからない。ラップの基礎の部分を学べたし、ヒダやんの生き方をみながら学んだ部分が大きい」と語っています。

22 & GAZZILA名義の活動について

HIDADDYと出会ってから約1年後に、GAZZILAは「音麻心」というHIPHOPとレゲエの大所帯のクルーを組んで活動していました。クルー内ではGAZZILAは一番歳下の歌い手でした。

その後、HIDADDYのところでよくフリースタイルをやっていた奈良出身のラッパー「22(ニッツ)」と共に活動するようになり、音麻心が活動休止になったこともあり、22 & GAZZILAの活動にスイッチしていきました。

GAZZILAの音楽活動に対する思想

GAZZILAの音楽制作に対する思想は、「音を聴いたときに『こういう歌い方したらハマるな』とか、いろいろ頭の中に出てくる。それを自分の声や音程と照らし合わせて『ライヴが出来るかどうか』で決めていく。ライヴで歌ったときにグダグダになるならやめておく」です。

GAZZILAは「CDを聴いてライヴを観に来てくれたお客さんにそのまま届けたいし、ライヴを観てCD買おうと思ったお客さんにもそのまま伝えたい」と語っています。

スポンサーリンク

GAZZILAの楽曲まとめ

GAZZILAの楽曲をまとめて紹介します。

GAZZILA - WHAT'S MY NAME

GAZZILA - RAIN MAKER

GAZZILA & DJ SAAT - To Go

GAZZILA , JAGGLA , HIDADDY , 遊戯 , ISSEI , ARM STRONG / Kansaiiii 下拓 RemixBic - "スケコマシ" feat. GAZZILA

Bic - "スケコマシ" feat. GAZZILA

JAGGLA「オヤシラズ」feat. GAZZILA

スポンサーリンク

GAZZILA(ガジラ)のプロフィール

名前:GAZZILA(ガジラ)

出身地:大阪府

影響を受けた人:HIDADDY

代表曲:WHAT'S MY NAME

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク