名古屋のヒップホップシーンの兄貴的な存在でラッパーの「G.CUE(ジー・キュー)」についての情報をまとめましたのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

G.CUE(GANXTA CUE)の情報まとめ【名古屋の伝説ラッパー】

G.CUE(ジー・キュー)は名古屋のHIPHOPシーンを牽引するラッパーで、名古屋出身ラッパーたちの兄貴的な存在す。

https://youtu.be/8Gcglgme4oc

W.C.C.時代のG.CUE(ジー・キュー)はめちゃめちゃ尖っており、当時、G.CUEの後輩だったAK-69はミーティングを忘れていたのが原因で、フルボッコにされるほど音楽活動に対して厳しかったようです。

AK-69は「当時はギャングスタ・スタイルだったので、G.CUE(ジー・キュー)くんに角材でフルスイングで殴られました(笑)」というエピソードを語っています。

また、名古屋のHIPHOPシーンを牽引するラッパーでありながら、大須でアパレルショップ『ASIAN-P』を経営するなど、ビジネスオーナーとしての顔も持っています。

G.CUEは17歳の頃にペンタゴンというショップでバイトしており、その経験もあってファッションにも強く興味を抱くようになりました。

個人的に仲の良いヒップホップアーティストはDJ DOPEMANやM.O.S.A.D.のEqualでプライベートではよく遊んでいるそうです。

G.CUEのタトゥーは彫ぎんの作品

G.CUE(ジー・キュー)の印象は強面の外見に加えて身体中に入っているタトゥーも特徴的です。このタトゥーは仲間に紹介してもらったのがきっかけで知り合ったTATTOOアーティストの「彫ぎん」による作品です。

G.CUE(ジー・キュー)は自身のタトゥーについて「自分の中で右腕は大事な場所なので、ここを彫ってもらうのは心底カッコ良いと思うTATOOアーティストじゃないと嫌だったんです。そんな時に彫ぎんさんの作品を見てこの人にお願いしたい!と思った」と語っています。

G.CUEがはじめてタトゥーを入れたのは20歳のときでウエストコーストスタイルのGANG TATTOOが好きだったのと自身が日本人であることから和と洋を混ぜた感じでタトゥーを入れていったそうです。

スポンサーリンク

G.CUE(GANXTA CUE)のラッパー伝説

G.CUE(ジー・キュー)は名古屋を拠点に活動するラッパーで、1994年からラッパーとしての活動を開始しています。

その後、DJ MOTOが立ち上げたDIAMOND CREWに所属して、MC LONE、MC FATS、DJ 4-SIDEと名古屋のギャングスタ・ラップグループ「G-MENACE」を結成して活動するようになります。

それからMC LONEが脱退し、MR.OZ(ミスター・オージー)が加わって1995年にPHOBIA OF THUGを結成して名古屋のヒップホップシーンを盛り上げていきます。

PHOBIA OF THUGの楽曲は2001年以降に好セールスを記録するようになり、その後、全国各地のクラブイベントにゲスト出演をするようになります。また、海外アーティストとのライヴセッションも行うなど、ラッパーとしての活動の幅を広げていきます。

今やその名を全国に広げた「WEST COAST CONNECTION(W.C.C.)」「GANG TERRORIST PRODUCTION(G.T.P.)」が立ち上がり、そのオリジナルメンバーとして所属します。

さらに「PEACE FROM CENTRAL JAPAN」ではSEAMOとも楽曲制作を行うなど、その活動は多岐に渡ります。

GANXTA CUEからG.CUEへ

2009年に名前をGANXTA CUEからG.CUE(ジー・キュー)に改名して、ソロとして3枚目のアルバム「「G.A.N.X.T.A.」をリリースしています。

改名についてはその前から考えていたようですが、その時はBIGG MAC WORKS CEOのMr.OZに『俺はG.CUEと契約してるワケじゃない』とバッサリ断られました。

HIPHOPに対しての最初のイメージはただのチャラい言葉遊びというような感じでしたが、アメリカのラッパーの歌詞を調べたときに実はハードコアなことを歌っているのだと大きな衝撃を受けました。アーティスト活動を本格的にスタートさせたのは18歳の時です。

名古屋にはDJ MOTOをはじめ、個性が強いHIPHOPアーティストが揃っていて、まだ名古屋にウエストコーストのHIPHOPカルチャーがなかった時からこの街にギャングスタ・ラップのシーンを築き上げています。

G.CUEはDJ MOTOに対して「名古屋のHIPHOPシーンのパイオニア的存在の一人」だと言っています。

また、名古屋のヒップホップシーンについても「全国的に見ても名古屋のW.C.C.のスタイルは変わっていて、たとえば、ニューヨークスタイルの格好で俺らのクラブに来るんじゃねえ!って追い帰したり、他で俺ら以外がLAのHIPHOPをかけるならレコードの針を上げに行ったりした徹底ぶりによって名古屋のHIPHOPシーンが出来上がった」とも語っています、

そういう環境のおかげでG.CUE、Mr.OZ、AK-69、DJ DOPEMANなどは鍛え上げられたそうです。

G.CUE(ジー・キュー)はその男気溢れるキャラクターで様々なジャンルでも注目され、世界的に有名なスケートマガジン「THRASHER」のキックス初のシグニチャー・モデルにも抜擢されています。

名古屋のヒップホップシーンの活性化を目的とした大型イベント「大九祭」(ダイキュウサイ)を毎年9月に主催し、デニムブランド「KAMAKAZY JEANS」やセレクトショップ「ASIAN-P」の運営、海の家「たこ九」のプロデュースと枠にはまらない活動をしています。

G.CUEのラッパーとしての生き様自体がまさにHIPHOPです。

ストリートにこだわり続けて、心を揺さぶるようなメッセージを放つG.CUEの独自の世界観は、全国のヒップホップファンから強い支持を受けています。

次は、G CUE(GANXTA CUE)の人気曲を紹介していきます。

スポンサーリンク

G CUE(GANXTA CUE)の人気曲14選

G CUE(GANXTA CUE)の人気曲を紹介します。

BUBBLE / G.CUE feat. DJ☆GO

Baby / GANXTA CUE feat. HI-D

TATTOO / GANXTA CUE feat.G-NIWS

 Suck / GANXTA CUE feat.AKIRA,ANTY the 紅乃壱

Don't Stop / GANXTA CUE feat.AK-69

不撓不屈 / G.CUE feat. AK-69 a.k.a. Kalassy Nikoff

働け! / G.CUE feat. PitBull Fighter

砂時計 / G.CUE feat. NORIKIYO

Hallelujah / G.CUE

https://youtu.be/8Gcglgme4oc

相棒 / G.CUE Feat. CITY-ACE

信じる心 -Believe Heart- / CEEZER13 feat. G.CUE

052 LEGEND / DJ MOTO a.k.a. DON GRANDE feat. Mr.OZ,G.CUE,AK-69,"E"qual,AKIRA,EL LATINO,DJ OLDE-E

THE GHETTO / DJ MOTO feat. Mr.OZ, G.CUE, AK-69, DJ DOPEMAN

213 To Tha 052 / PHOBIA OF THUG feat. Frost

G CUE(GANXTA CUE)調査結果のまとめ

最後にG.CUE(ジー・キュー)の調査結果のまとめです。

  • G.CUE(ジー・キュー)は名古屋の兄貴的な存在
  • AK-69を角材でフルスイングでボコボコにした過去がある
  • タトゥーはTATOOアーティストの「彫ぎん」に彫ってもらっている
  • PHOBIA OF THUGのMr.OZは相方のラッパーである
  • GANXTA CUEからG.CUE(ジー・キュー)に改名している
  • 大須のセレクトショップ「ASIAN-P」を経営している

G.CUE(GANXTA CUE)のプロフィール

名前:G.CUE(ジー・キュー)

2009年までの名前:GANXTA CUE

本名:坂本 高久

生年月日:1976年8月14日

グループ:G-MENACE、PHOBIA OF THUG

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク