「C.O.S.A.について詳しく知りたい」

「愛知県出身の若手ラッパーが知りたい」

この記事はそんなあなたのために書いています。

愛知県知立市のラッパーC.O.S.A.(コーサ)」についての研究結果を報告します。

スポンサーリンク

C.O.S.A.(コーサ)の情報まとめ【若手最注目のラッパー】

C.O.S.A.(コーサ)は愛知県知立市出身で1987生まれの若手ラッパーです。

ファーストアルバム『Chiryu-Yonkers』はクラシックと評されるほどの実力の持ち主です。

代表曲には「知立Babylon Child」があります。

C.O.S.A.は愛知県知立市を拠点に全国でもライブなどの音楽活動を行っており、いま日本のヒップホップシーンで最注目の若手ラッパーといわれています。

C.O.S.A.は地元である西三河の地名を使用した楽曲を多数製作しており、2015年に出したファーストアルバム『Chiryu-Yonkers』の楽曲「6号公園」「桜町Weekender」「知立Babylon Child」にはすべて西三河の地名を使用しています。

子どもの頃に愛知県知立市の「昭和グランド」や「パティオ池鯉鮒」で友人と過ごし、今のラッパーにつながる感性を育てたようです。その影響もあり、地元愛に溢れています。

C.O.S.A.の父親は警察官、祖父は西尾市佐久島出身の元力士というルーツを持っています。

C.O.S.A.は小学3年生のときにLL・クール・JのCDを買ったのがきっかけで洋楽を聴くようになり、その後、Dragon Ashに影響されてHIPHOPを毎日聴くようになりました。

ラッパーとしての活動は小学6年生から作詞を始めており、当時は友人相手に自分で作ったオリジナルのラップを披露していたそうです。

中学校の卒業文集で「将来はラッパーになる」と宣言しており、友人たちがラップに飽きてもC.O.S.A.だけはひたすらラップを作り続けました。

高校1年生のときに先輩の卒業パーティーでライブを行い、それがきっかけで名古屋市内にあるクラブから声をかけられるようになっていきます。

これで自信がつき「自分が一番かっこいい」と確信して高校を2年で辞め、作曲をしながら最多で月に20本のライブを行うようになりました。

スポンサーリンク

C.O.S.A.のラップ人生とは?

C.O.S.A.(コーサ)が名古屋で好きだったのは名古屋052の中心的存在のM.O.S.A.D.で、どっぷりそのあたりのヒップホップに浸かっていきました。

C.O.S.A.は日常の記憶からテーマを決めてラップを作詞しており、「誰かわからない多数に届けるより、一人に向けた曲の方が自分には響く」と語っています。

読書家でもあり、好きな小説をイメージした世界観で楽曲を作ることもあり、2017年に出したアルバム「Girl Queen」はまさに小説からイメージした作品です。

C.O.S.A.は熱い内面を感じさせる魅力的なストーリーで人々の感性を揺さぶるラッパーとして多数のアーティストともコラボしており、ラッパーの持つ力と可能性を広げることでも業界で注目を集め続けています。

しかし、そんなC.O.S.A.にもラップをやめていた時期が2年間ありました。

この期間はラップよりも遊ぶことに熱中して夜のクラブでナンパをする日々を送っていましたが、2年間たっても何も得るものはなく、2013年にまたラップを始めようと決意します。

C.O.S.A.はほかのラッパーを見ても自分が思っていることを代弁しているラッパーがいないことに気づいたことで、「自分の思ったことは全部言う」というポリシーを貫いてラップをしています。

読書家としてのC.O.S.A.

C.O.S.A.は小学生の時から図書室で偉人の伝記を読んだり、野球をやっていたこともってイチローや落合博満などの野球選手の本も多く読んでいました。

中学一年生の時には小説を読むようになり、当時の彼女の影響で「キノの旅」というライトノベルを読んで、それにハマって彼女の家の本棚にあったものを全巻読みました。

小説にハマった理由は内容がファンタジーで自分の頭の中でドラクエみたいな世界を想像しながら絵を思い浮かべるのが面白かったからです。

中学生の時に書いていたリリックは主に次の3つのテーマに分かれていて、今でも大きくは変わっていません。

  • お前ら全員倒してやる系
  • 物語的なストーリーテリング系
  • ラブソング系

C.O.S.A.が好きな作家はカズオ・イシグロとボストン・テランです。

特にボストン・テランの作品は『ここに水がある』という事実を3行くらい使って過剰に書いてあるものが多いのですが、この表現方法が1つのことを表現するために周りのことをたくさん描写するC.O.S.A.のラップにも繋がっています。

C.O.S.A.が考えるヒップホップの魅力とは?

C.O.S.A.はヒップホップの魅力について「単純にカッコいいと思うところ」だと言っています。

「生活している中で、その状況にピッタリのラップのラインに出会うことがたくさんある。今まさにあいつがラップで言ってた状況が自分にも当てはまる!みたいな感じで。」とも語っています。

C.O.S.A.の場合はM.O.S.A.D.やANARCHY、SEEDAがラップの中で放った言葉の中に自分にピッタリハマるモノがありました。

これがC.O.S.A.が考えるヒップホップの最大の魅力なのです。

次は、C.O.S.A.の楽曲を紹介していきます。

スポンサーリンク

C.O.S.A.の楽曲を紹介

C.O.S.A.の楽曲には代表曲「知立Babylon Child」のほかにも名曲が多数あるのでそれぞれ紹介していきます。

LOVE / C.O.S.A. × KID FRESINO

Wassup / C.O.S.A.

Swing at somewhere / C.O.S.A. × KID FRESINO feat. コトリンゴ

1AM in Asahikawa / C.O.S.A.

The Man feat COVAN,DJ TETSU / C.O.S.A.

Word for C-City / C.O.S.A.

GZA1987 / C.O.S.A.

まとめ

今回のまとめです。

  • C.O.S.A.は愛知県知立市のラッパー
  • アルバムのChiryu-Yonkersがクラシックと評されたほどの実力
  • ラップにハマったのはDragon Ashの影響
  • C.O.S.A.は読書家で小説から楽曲を制作することもある
  • 好きな作家はカズオ・イシグロとボストン・テラン
  • 自分の思うことを全部言うのがポリシー
✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク