日本のヒップホップ史上、最強のラッパーといえば誰か?

名古屋で1番影響力のあるラッパーといえば誰か?

多くの人たちが、「それは、TOKONA-Xだ」と答えます。

今回は、そんな「TOKONA-X(トコナエックス)」というラッパーについての研究結果を報告します。

スポンサーリンク

TOKONA-Xの調査結果【伝説・交友関係・死因・娘・人気曲】

TOKONA-X(トコナエックス)は、HIPHOP業界では、その名を知らない人がいないほど、有名なラッパーです。

TOKONA-X(トコナエックス)は20代という若さでありながら、オーラ、発言、パフォーマンス、楽曲、そのどれをとってもラッパーとして超一流でした。

2004年にこの世を去りましたが、TOKONA-Xが亡くなった今でも、彼の楽曲は多くのHIPHOPヘッズたちに聴かれ続けています。

また、TOKONA-Xが亡くなってからは、DJ RYOW(岐阜県大垣市出身)が中心となって、TOKONA-Xをリミックスで様々なヒップホップアーティストたちと共演させています。

これまでに、TOKONA-Xが共演したラッパーは、以下のとおりです。

  • AK-69
  • EQUAL (M.O.S.A.D.)
  • AKIRA (M.O.S.A.D.)
  • MACCHO(OZROSAURUS)
  • Mr .OZ(ミスターオージー)
  • ANTY the 紅乃壱
  • DABO
  • 般若
  • ANARCHY(アナーキー)

ちなみに、DJ RYOWがDJになったのは、TOKONA-Xと刃頭(ハズ)によるヒップホップ・ユニット「ILLMARIACHI(イルマリアッチ)」の楽曲「Younggunz」を聴いて、大きな影響を受けたのがきっかけです。

そういった経緯もあって、DJ RYOWは2016年4月1日にフリースタイルダンジョンの初代モンスターの漢 a.k.a. GAMI、R-指定(Creepy Nuts)、初代ラスボス般若を客演に迎えて「Younggunz」のリメイク音源として「ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat.般若, 漢 a.k.a. GAMI & R-指定」を発表しています。

DJ RYOWはTOKONA-Xについて、「トコナメさんと最初に出会った時は一緒に音楽やれるとは思っていなくて、自分にとってただの憧れ的な存在でした。その後で一緒に活動させてもらうようになってからは、トコナメさんはライブも私生活も含めてどこでも暴れる人だったので、そのまっすぐ生きている姿を背中で教えてくれていました。」と語っています。

ここからは、TOKONA-Xの生涯と伝説的なエピソードを振り返っていきたいと思います。

TOKONA-Xの伝説を振り返る

TOKONA-X(トコナエックス)は神奈川県横浜市南区六ツ川で生まれ育ち、実家は魚屋でした。

しかし、母親が警察に捕まったことをきっかけに、父親の実家がある愛知県常滑市に引っ越すことになります。

これが1991年の出来事で、TOKONA-Xが中学校に入学するタイミングの話です。

ちなみに、愛知県に引っ越してくる前から、すでに横浜市では悪ガキとして名を挙げており、当時、隣町に住んでいたMACCHO(OZROSAURUS) は「リュウと呼ばれていた有名な男がいた、それがTOKONA-Xだった」とラップしています。

この話は、TOKONA-Xがまだ小学生のころの話だから驚きです。

TOKONA-Xという名前の由来は、引っ越してきた「愛知県常滑市(とこなめし)」からもってきています。

ラッパー仲間からはトコナメ、トコナメさん、トコナ、トコナXと呼ばれることが多いです。

神奈川県横浜市から愛知県常滑市に引っ越した中学生のTOKONA-Xに待っていたのは、「横浜から来た」という理由で、仲間はずれにされて、昼食を一人で食べる日々でした。

しかし、その負けん気の強さと不良としての力にモノを言わせて、少しずつ仲間を増やしていきました。

ただ、家庭においては父親が再婚をしたことにより、父の再婚相手である母親と腹違いの弟とも生活をしなければいけなかったことや、父親が体を壊したことで、当時の暮らしは大変でした。

1994年に、中学校を卒業した当時15歳のTOKONA-Xは、名古屋市内にある私立高校に進学します。

高校はその後、中退しますが、この高校時代にTOKONA-Xは名古屋のレコード店でヒップホップに出会います。

それからはこのレコード店に通って、国内・海外のヒップホップの曲を片っ端から聴きまくっていたそうです。

それからすぐに、愛知県ラッパーで同い年の"E"qual(イコール)と出会い、2人はすぐに意気投合して同じステージに立つようになり、ラッパーとしての活動を始めていきます。

スポンサーリンク

さんぴんCAMPでチャンスを掴みとる

TOKONA-Xは1996年に、尾張・名古屋のマーリー・マールことDJの刃頭(はず)とユニットを組んで「刃頭 & TOKONA-X」として「さんピンCAMP」に前座で出演することになります。

当時のエピソードを踏まえて、この頃の日本のヒップホップシーンを少しだけ振り返っていきます。

1994年は、YOU THE ROCK★(ユウ・ザ・ロック)が、フリースタイルでラッパーたちが次々とマイクリレーをする伝説のイベント「BLACK MONDAY」を開始したこともあり、アンダーグランドが盛り上がっていた時代でした。

また、小沢健二とスチャダラパーによる「今夜はブギーバック」がヒットし、1995年にはEAST END×YURIによる「DA.YO.NE」というラップの曲がそれに続く形でヒットしていきました。

同じく1995年に、キングギドラの1枚目のオリジナルアルバム「空からの力」も発売されます。

さらに、Buddha Brand(ブッダ・ブランド)がニューヨークから帰国したこともあり、当時の東京は爆発的なパワーを持ったヒップホップアーティストたちが集結していた状態になっていました。

このジャパニーズ・ヒップホップシーンの盛り上がりの熱を残そうと、ラッパーで音楽プロデューサーのECD(イーシーディー)が企画した伝説の野外イベントが「さんぴんCAMP(サンピンキャンプ)」です。

ヒップホップアーティストとして、ラッパーの道を進み始めていた、当時のTOKONA-Xの元に大きなチャンスが訪れます。

名古屋出身ラッパーのTWIGY(ツイギー)と「BEATKICKS」というヒップホップユニットで活動をしていた、トラックメイカーの刃頭(はず)が自身で音楽レーベル「音韻王者REC」を立ち上げたのです。

それを知ったTOKONA-Xは、このレーベルにデモテープを送って、当時の刃頭に「ずば抜けてかっこいいやつがいる」と言わせました。

さらに、そのタイミングで刃頭の元にさんぴんCAMP主催者のECDから連絡が入り、BEATKICKS(TWIGYと刃頭)にさんぴんCAMPへの出演オファーがきたのです。

当時のTWIGYは「さんぴんCAMP」がのちに、伝説のヒップホップイベントとして語り継がれるようになるとは思わず、海外へ遊びに行ってしまいました。

それで困った刃頭が「TWIGYが来ないなら代わりに勢いのあるアイツを連れて行こう」と相方に選んだのがTOKONA-Xだったのです。

さんぴんCAMPの前座としてステージに立った17歳のTOKONA-Xには「名古屋だがや!」と叫んでからラップした、という伝説も残っています。

当時、観客席から見ていたサイプレス上野は「とにかくカッコよくて若い世代のラッパーが出てきて、すげーの出てきたな!みたいな感じだった」とコメントしています。

また、ZEEBRAは「シーンはお前が牙を剥いて、でかくなった。あれがなけりゃ、いつの日にか根が腐った」と歌詞の中で言っています。

ちなみに、当時のさんぴんCAMPに出演していたヒップホップアーティストは、以下の蒼々たる顔ぶれです。

  • ECD (ミュージシャン・主催)
  • 刃頭(HAZU)
  • 大神(BUDDHA BRAND,SHAKKAZOMBIE)
  • BUDDHA BRAND
  • SHAKKAZOMBIE
  • RHYMESTER
  • HAC
  • BOY-KEN
  • UZI
  • キングギドラ
  • T.A.K THE RHYMEHEAD
  • DJ KENSEI
  • DJ KEN-BO
  • DJ YUZE
  • MURO
  • DJ WATARAI
  • GORE-TEX
  • MACKA-CHIN
  • YOU THE ROCK
  • PATRICK
  • G.K.MARYAN
  • GAMA
  • 四街道ネイチャー
  • SOUL SCREAM
  • LAMP EYE
  • MC JOE
  • TOKONA-X

これは、今考えると凄すぎるメンツです。

この「さんぴんCAMP」の中でも、TOKONA-Xのパフォーマンスがどれほど大きな衝撃だったのかが、ほかのラッパーたちの言葉からも読み取れます。

スポンサーリンク

ILLMARIACHI・M.O.S.A.DとTOKONA-X

TOKONA-XはさんぴんCAMPの後、本格的にDJの刃頭と「ILLMARIACHI(イルマリアッチ)」としての活動を進めていき、地元である名古屋でのヒップホップの基盤を築き上げていきます。

1996年には、当時17歳のTOKONA-X(トコナエックス)、"E"qual(イコール)、AKIRA(アキラ)の3MCで「Master Of Skillz(マスター・オブ・スキルズ)」というヒップホップユニットを結成し、名古屋で活動するようになりました。

メンバーのAKIRAも愛知県名古屋市出身のラッパーで、TOKONA-Xや"E"qualと同じ78年式のラッパーです。

当時の楽曲制作は、主に"E"qualが担当していました。

プライベートでは1998年に結婚して、2000年には娘にも恵まれています。

当時はヒップホップ活動をしながら、足場工事などのアルバイトもしており、この肉体労働によってガタイが良くなっていき、声もより野太くなって、さらにカッコよくなっていきます。

2000年には「Master Of Skillz」にDJを担当するFixer(フィクサー)が加入して、グループ名を「Master Of Skillz」から「M.O.S.A.D.(モサド)」に変更しました。

TOKONA-XはM.O.S.A.D.(モサド)の由来について『オレらの世紀ってことで、M.O.S. (Master Of Skillz)にA.D. (西暦、紀元の意) をつけた』と語っています。

また、ソロ活動としてはDef Jam Japanに所属してアルバムを1枚発表しています。

TOKONA-Xの死因

その後、TOKONA-X(トコナエックス)は2004年11月22日に26歳という若さで、この世を去りました。

公式発表では、死因は夏からかかっていた熱中症に伴う体力の低下による心停止とされています。

今でも、TOKONA-X(トコナエックス)にはたくさんのファンがいますし、TOKONA-Xの魂はDJ RYOWのトラックの中で、何度でも蘇ってリピートされ続けています。

TOKONA-Xの娘「小町」について

2017年8月20日に開催された日本最大級のHIPHOPイベント『NAMIMONOGATARI 2017』(愛知県の常滑りんくうビーチ特設会場にて開催)で、ラッパーのANARCHY(アナーキー)が「TOKONA君の娘!!! KOMACHI」と自身のInstagramにアップしたことから、TOKONA-Xの娘「小町さん」はニュースに取り上げられるほど話題になりました。

この写真を見たファンからは「小町ちゃん大きくなったね!」「小町ちゃん美人!」「大人になって可愛くなったね」「なんか泣ける」と多くのコメントが寄せられました。

また、愛知県ラッパーのAK-69は、名古屋で開催されたTOKONA-Xの追悼イベントに来ていたTOKONA-Xの娘の小町さんを見て最後に小町と肩を組んでトコナメの曲聞いとったんだけど、なんか感慨深いなぁと思った」と語っています。

人気曲ランキング【ベスト10】

TOKONA-Xの人気曲を1位から10位までのランキングで紹介します。

1位:「知らざあ言って聞かせやSHOW」TOKONA-X

2位:「WHO ARE U ? Remix…」 TOKONA-X feat,ANARCHY.般若.紅桜.T-PABLOW

3位:「WHO ARE U ? 」TOKONA-X

4位:「Where's my hood at?」TOKONA-X

5位:「CHAIN REACTION」MURO feat.UZI,DELI,Q, BIGZAM,TOKONA-X,GORE-TEX

6位:「Young Gunz」ILLMARIACHI(TOKONA-X,刃頭)

7位:「尾張ヒールズ」ILLMARIACHI(TOKONA-X,刃頭)

8位:「New York New York」TOKONA-X

9位:「Super Ball 2002」M.O.S.A.D.

10位:「if I ...」M.O.S.A.D.

TOKONA-X「黒いハマーでちゃうすいとったら俺、パルコのへんでちゃうすいとったら俺、丸栄のへんでちゃうすいとったら俺、それは俺、T-Xだ!知ってた?まぁええわ、次いわこまい!!」

TOKONA-X(トコナエックス)調査結果のまとめ

最後にTOKONA-X(トコナエックス)についての調査結果のまとめです。

  • TOKONA-XはAK-69、EQUAL、AKIRA、MACCHO 、Mr.OZ、ANTY the 紅乃壱、DABO、般若、ANARCHY(アナーキー)などの多数のヒップホップアーティストと楽曲の中で共演している。
  • TOKONA-Xには「ソロ」「ILLMARIACHI」「M.O.S.A.D.」の3つの顔がある。
  • ブレイクのきっかけは「さんピンCAMP」でチャンスを掴みとったこと。
  • TOKONA-Xの死因は熱中症に伴う体力の低下による心停止と発表されている。
  • TOKONA-Xの娘「小町さん」は20歳になり、今でもAK-69やDJRYOWとも交流がある。
  • 「知らざあ言って聞かせやSHOW」「WHO ARE U ?」が人気曲でTOKONA-Xの代表曲になっている。

TOKONA-Xのプロフィール

TOKONA-X(トコナ・エックス)

本名:古川 竜一

生年月日:1978年10月20日

身長:180㎝

享年:2004年11月22日(満26歳)

通称:トコナ、トコナメ、T-X(ティーエックス)、BIG若旦那

代表曲:知らざあ言って聞かせまSHOW、WHO ARE U?

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク