「名古屋出身で影響力のあるラッパーを知りたい」

「名古屋出身のレジェンドラッパーの情報を探している

この記事はそん方に向けて書いています。

伝説的ヒップホップグループ「MICROPHONE PAGER(マイクロフォンペイジャー)」「雷(カミナリ)」のメンバーであり、伝説の名曲「証言」への参加など、日本のヒップホップシーンに大きな影響を与えた名古屋出身のラッパーが「TWIGY(ツイギー)」です。

今回は、名古屋から誕生した日本語ラップのレジェンド「TWIGY(ツイギー)」についての研究結果をまとめたので報告します。

スポンサーリンク

TWIGY(ツイギー)の情報まとめ【名古屋のレジェンドラッパー】

愛知県名古屋市出身のラッパー「TWIGY(ツイギー)」は名古屋ヒップホップシーンを語るうえでは欠かせない存在です。

名古屋から全国に知名度を広げて名古屋と東京を繋いだラッパーにはTOKONA-Xがいますが、TWIGYはそれよりも数年前から東京の第一線で活躍しているラッパーです。

TWIGYは孤高の天才ラッパーとして名古屋から東京に飛び出した日本語ラップのレジェンドで、先駆者であり、開拓者です。

TWIGYはラッパーとして超異質の才能を持っていて、ZEEBRAが憧れ、スチャダラパーが嫉妬したほどの魅力を持っているHIPHOPアーティストです。

生い立ちからHIPHOPとの出会い

TWIGYは1971年に、大学教員の父と弁護士事務所勤務の母のもとに三人兄弟の末っ子として三重県に生まれました。

幼少時代のTWIGYは小児喘息で体が弱く、体系がガリガリだったことから、小枝(Twig)から文字って「TWIGY」というラッパー名をつけています。

当時、両親が共働きで、祖母の家によく預けられていたTWIGYは芸術家だった祖母の指導のもとで工作や絵を描くことが好きでした。

その後、小学6年生で愛知県名古屋市に引っ越して暮らし始めます。

最初は名古屋に馴染めないと感じていましたが、そのうち伊勢弁で考えていることを名古屋弁に変換して言葉にするようになり、徐々に名古屋に慣れていきました。

TWIGYはこれを「フォントを頭の中で変換する作業」と呼び、言葉をどう発すれば伝わるのかというRAPの原点だといっています。

TWIGYは中学1年生の時に映画「BREAKIN’(ブレイクダンス)」の影響を受けて、ストリートカルチャーのブレイクダンスに興味をもち、その中でダンスのバックミュージックであるヒップホップにハマっていきます。

スポンサーリンク

DJ刃頭とBEATKICKSの結成

1987年に当時16歳のTWIGYはDJの刃頭(ハズ)とヒップホップユニット「BEATKICKS(ビートキックス)」を結成して名古屋を中心に活動するようになります。

TWIGYは「当時の名古屋でヒップホップの音をつくるヤツは刃頭ひとりで、ラップをするヤツは俺ひとりしかいなかった」と語っています。

その後、TWIGYは18歳の頃、スティーヴィー・ワンダーの日本ツアーに参加し、楽曲「Each Other's Throat」に合わせて、日本語ラップで共演しました。

これは当時のラッパーとしては、ズバ抜けてすごい経験です。

TWIGYは地元名古屋でラップを独学で学び、オリジナルなラップスタイルを確立していきました。

その後、「東京のヒップホップは名古屋よりも進んでいる」と思っていたTWIGYは腕試しのために、東京のステージでラップをすることになります。

そこで声をかけられたのが、当時さんピンCAMPを主催し、日本のヒップホップ界をまとめていたECDでした。

これがきっかけで東京に通うようになり、ラッパーのMURO(ムロ)と出会い、2人は仲良くなりました。

MICROPHONE PAGERの結成

その後、TWIGYは1992年に活動の拠点を名古屋から東京に移し、MURO、P.H.FRON、MASAO、DJ GOと伝説のヒップホップグループ「MICROPHONE PAGER(マイクロフォン・ペイジャー)」を結成します。

当時のMICROPHONE PAGERは、DABO(ダボ)やRINO LATINA II(リノ・ラティーナ・ザ・セカンド)などの後に有名になるラッパーたちに大きな影響を与えました。

MICROPHONE PAGERはRHYMESTER(ライムスター)やキングギドラなどと同じ世代のヒップホップグループではあるが、実際にはもう少し前から活動をしていました。

MICROPHONE PAGERは「死者に手を合わせては 生き抜こう地球丸いうちは」という衝撃的なラインが入っている名曲「病む街」などを世に残しました。

スポンサーリンク

雷結成から証言参加までのTWIGY

その後、MICROPHONE PAGERを休止したTWIGYは1994年に、YOU THE ROCK☆、RINO LATINA II、G.K.MARYANとともにカルト的な人気を誇る「雷(カミナリ)」を結成して活動するようになります。

雷では「2U」「カミナリ」「夜ジェット」などの名曲を残しており、今でも多くのヘッズたちが聴いています。

さらに、TWIGYは1995年にはLAMP EYEの伝説の楽曲「証言」に証言5番として参加しています。

「証言」とは、証言1のRINO、証言2のYOU THE ROCK★、証言3のG.K.MARYAN、証言4のZEEBRA、証言5のTWIGY、証言6のGAMA 、証言7のDEV LARGE、証言8のYOTTY、証言9のUZI、DJ YASからなる伝説的な楽曲です。

ここまでの流れからもわかるように、TWIGYはBEATKICKS、MICROPHONE PAGER、雷、ソロ活動と、それぞれの時代に合わせて自分を進化させ続けているオリジナルなラッパーだということですね。

TWIGYはインタビューで『俺の生活の延長線上にヒップホップがあった。日本だとどうしても「はい、ココカラステージに上がってくださいよ」という線引きがあって違和感があることが多い。俺はそれがイヤでヒップホップを始めた。俺のこの感じ方に近かったから雷をやろうってなった。当時は、日本語でラップなんてできるわけない、とよく言われ、その度に実際にやって見せて納得させてきた。そういう意味ではヒップホップの熱や血は、今よりも昔の方がすごかったと思う。日本語でもいろいろな国の人に伝わるものだと思っているから、これからもヒップホップはユナイトだから何でもやってやれ、と思っている」と自身のヒップホップ論を語っています。

TWIGYの楽曲紹介

TWIGY(ツイギー)の楽曲でYouTubeで視聴できるものを紹介します。

Bag / TWIGY

夜行列車 / TWIGY feat.Boy-Ken

FREEDOM / TWIGY

超越 / 餓鬼レンジャー feat. TwiGy & 呂布カルマ

病む街 / MICROPHONE PAGER

東京地下道 / MICROPHONE PAGER

2U / 雷

証言 / LAMP EYE

ONCE AGAIN Remix / RHYMESTER feat.DABO,TWIGY,Zeebra

TWIGY(ツイギー)調査結果のまとめ

最後に今回のまとめです。

  • TWIGYは三重県生まれで名古屋出身のラッパー
  • 16歳でDJ刃頭とBEATKICKSとして活動していた
  • 18歳でスティービーワンダーのツアーに参加
  • MURO、P.H.FRON、MASAO、DJ GOとともにMICROPHONE PAGERとして活動
  • YOU THE ROCK☆、RINO LATINA II、G.K.MARYANとともに雷として活動
  • 証言5番として名曲「証言」に参加

TWIGYのプロフィール

名前:TWIGY(ツイギー)

本名:星野 由希

生年月日:1971年生まれ

出身:愛知県(三重県生まれ)

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク