独自の世界観と表現でHIPHOPシーンに異彩を放つ、岐阜県出身ラッパー「蓮臥(レンガ)」についての研究結果を報告します。

スポンサーリンク

蓮臥(レンガ)の情報まとめ【唯一無二のラッパー兼ビートメーカー】

「蓮臥(レンガ)」は、岐阜柳ヶ瀬で活動するヒップホップクルー【Free Dial Foundation】に所属する岐阜県出身のラッパーです。

蓮臥は、独特な世界観を持つラッパーで、冴えない男なら感じたことがあるような「ひがみ、憎しみ、恨み、偏見」にユーモラスを加えて、多彩なフローで表現します。

ちなみに、蓮臥のライブやフリースタイルは、ほかのラッパーたちとは質感が全然違うので、会場では引き笑いが絶えず、異様な空気を作り出せる唯一無二のスタイルです。

ラッパーなら格好をつけるのが当たり前という固定概念をぶっ壊して、丸裸の己の魂をぶつけるのが、蓮臥の格好良さです。

バトルMCとしては、UMB2007名古屋予選で準優勝の成績を残しており、現在でもKOKやUMB愛知予選などのMCバトルに出場し続けていふラッパーです。

蓮臥は、自分のことを「ラッパーがモテるというのは幻想だということを、体現する第一人者だ」と言っています。

蓮臥の生活スタイルは、昼間にサラリーマンとして仕事をしており、夜はクラブでMCとしてラップをしたり、レギュラーイベントでDJをしたりする、という感じです。

蓮臥はトラックメーカーの顔も持つ

さらに、蓮臥はトラックメーカーでもあり、呂布カルマの3rdアルバム「strong」へのビート提供が話題を集めました。

そのほかにも、岐阜県周辺のアーティストや、呂布カルマ主宰のレーベル「jet city people」に所属するラッパー、K.Leeが所属するヒップホップクルー「BB9」などにビートを提供しています。

蓮臥は、トラックメーカーとして多くのラッパーから厚い信頼を得ています。

ちなみに、この蓮臥がビートメイカーとして信頼を寄せるのが「鬼センス」というビードイカーで、蓮臥は自身のアルバム「事実無根」で鬼センスにビート提供を依頼しています。

蓮臥は、トラックメーカーとしては「Mr.蓮」と名乗っています。

蓮臥のトラックは、きれい目のストリングスをかぶせたりもするが、しっかり黒味を帯びた音と、ただ美麗なだけではないループミュージックが魅力です。

スポンサーリンク

蓮臥(レンガ)調査結果のまとめ

最後に、蓮臥(レンガ)の調査結果のまとめです。

  • Free Dial Foundationに所属している
  • 独特な世界観を持つラッパー
  • 丸裸の己の魂をぶつけるスタイル
  • UMB2007名古屋予選で準優勝している
  • ラッパーとトラックメーカーの顔も持つ
  • 呂布カルマにもトラックを提供している

フリーターを卒業しませんか?
20代フリーターの正社員就職に強い『DYM就職』はすべて無料。宇垣美里さんも推薦中。
最短1週間で入社可能!DYM就職

スポンサーリンク