ネオ東海シーンの中でも圧倒的な存在感を放つラッパー「TOSHI蝮(トシマムシ)」についての情報をまとめたので、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

TOSHI蝮(トシマムシ)の情報まとめ【ネオ東海の中心ラッパー】

TOSHI蝮(トシマムシ)は、岐阜県瑞浪市出身のラッパーで、名古屋の奇才が集まるレーベル「Jet City Peaple」に所属しています。

TOSHI蝮は、圧倒的なスキルやフロウを持っているラッパーで、C.O.S.AやCAMPANELLA、YUKSTA-ILLとともにネオ東海シーンを牽引する中心人物です。

TOSHI蝮の魅力は、魂から叩き込んだフロウとストイックな日本語ラップをダークなトーンで表現するところで、周囲からは「歩くヒップホップ」と呼ばれています。

あくまで正統派で、思い切り深く踏み込んだHIPHOPスタイルと、黒くて太い即効性と持続性を兼ね備えたライイングで、ヘッズたちを納得させています。

TOSHI蝮とHIPHOPグループ「現場叩き上げ」

TOSHI蝮がラッパーとしてのキャリアをスタートさせたのは、地元のメンバーと共に結成したHIPHOPクルー「現場叩き上げ」での活動がきっかけでした。

TOSHI蝮はクルーのリーダーを務めおり、1stアルバム「SIX SENCE」もリリースするなど、精力的にグループとしての活動を行なっていました。

その後、2010年からTOSHI蝮はソロ活動をスタートするようになります。

ちなみに、岐阜県瑞浪市周辺の東濃地方を「DEEP EAST SIDE」と名付けて広げたのはTOSHI蝮です。

スポンサーリンク

TOSHI蝮の魅力と他のラッパーとの繋がり

TOSHI蝮は、ライムの中にブラックユーモアと確実なパンチラインを生み出すことができる数少ないタイプのラッパーであり、これまでに共同で楽曲をつくってきたラッパーたちとの繋がりからも、本物のHIPHOPシーンで活動してきたことがよくわかります。

TOSHI蝮はこれまでに、Campanella、BASE、呂布カルマ、K.LEE、C.O.S.A.、B-Kum、Three State Home Boy Club、Ramza、Free Babyronia、鷹の目、Shobbieconz、Mr.蓮、FoggyなどのHIPHOPアーティストたちと楽曲をつくってきました。

TOSHI蝮はUMB2006名古屋予選優勝者

IRIEとPOISONを併せ持つラッパーのTOSHI蝮は、確かなラップスキルを武器に数々のMCバトルでも好成績を残してきており、UMB2006名古屋予選優勝、東海エリア伝説のHIPHOPパーティー「SUPER BAD」のMCバトルで優勝の実績があります。

これらのMCバトルでの優勝をきっかけに、ラッパーとしてのソロ活動を本格的にスタートしていき、数々のコンピレーションアルバムへの参加や、東海エリアのアーティスト楽曲への客演を経て、2011年には名古屋のレーベル「Jet City Peaple」からMIXTAPEアルバム『THE CHRONIC-L』をリリースしました。

スポンサーリンク

ネオ東海シーンのクラシック「BLUE CHEEESE」をリリース

MIXTAPEアルバム『THE CHRONIC-L』はストリートでの流通のみでしたが、全国各地のヘッズたちから反響を得て、その後、2012年にアルバム「BLUE CHEEESE」をリリースすることになりました。

このアルバムのトラック提供にはC.O.S.A.、Ramza、Free Babyronia、鷹の目、Shobbieconz、Mr.蓮、Foggyなどの東海エリアのトラックメイカーが揃い、客演には盟友のCampanella、B-Kum、Three State Home Boy Clubなどの愛知県出身ラッパーが参加しています。

個性豊かなトラックメイカーたちが提供する次世代雑種配合ビートと、確かなラップスキルを持つラッパーの青く煙るリリックが交わることで、TOSHI蝮のアルバム「BLUE CHEEESE」は、ネオ東海シーンのHIPHOPを代表するクラシックな一枚となりました。

ちなみに、「BLUE CHEEESE」の収録曲は以下のとおりになっているので、それぞれのビート提供者や客演参加のラッパーをご確認ください。

【TRACK LIST】
1. I JUST WANNA beats by C.O.S.A.
2. B2 beats by Ramza
3. EMPTY beats by C.O.S.A.
4. SMOKIN' BLUE beats by Mr. 蓮 Cuts by Cutmastaa Kato
5. FREE B beats by Free Babyronia
6. GREEN CURTAIN beats by 鷹の目 Cuts by DJ Tetsu
7. TEA TIME feat. B - Kum beats by Shobbieconz
8. RISK beats by Ramza
9. NIGHT GAME beats by YOSHIMARL
10. KEEP ON RUNNIN' feat.Three State Home Boy Club beats by Foggy
11. STEPS beats by Ramza

TOSHI蝮の人気曲まとめ

TOSHI蝮の人気曲をまとめて紹介します。

TOSHI a.k.a 美濃の蝮 - RISK

TOSHI蝮 - I Just Wanna ~ Green Curtain

TOSHI蝮 - Green Curtain

TOSHI蝮 - Empty

TOSHI蝮(トシマムシ)調査結果のまとめ

最後に、TOSHI蝮(トシマムシ)の調査結果のまとめです。

  • 岐阜県瑞浪市出身のラッパーである
  • 名古屋のレーベル「Jet City Peaple」に所属している
  • ネオ東海シーンのHIPHOPを代表するラッパー
  • HIPHOPグループ「現場叩き上げ」のリーダーだった
  • UMB2006名古屋予選の優勝者
  • アルバム「BLUE CHEEESE」がネオ東海シーンのクラシックと評されている
  • Campanella、BASE、呂布カルマ、K.LEE、C.O.S.A.、B-Kum、Three State Home Boy Club、Ramza、Free Babyronia、鷹の目、Shobbieconz、Mr.蓮、Foggyと楽曲をつくっている
✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク