京都府出身のラッパー「ANARCHY(アナーキー)」の情報をまとめたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ANARCHY(アナーキー)の情報まとめ【楽曲・交友関係・生い立ち】

ANARCHY(アナーキー)は、京都府出身のラッパーで、日本を代表するHIPHOPアーティストのひとりです。

ANARCHYは、日本の中でも特に治安が悪いといわれている京都府伏見区向島出身ということもあり、1stアルバム「Rob the world」や2ndアルバム「Dream and Drama」では、主に過酷な家庭環境や生い立ちをリリックに綴った曲が多いです。

その後、2014年にメジャーデビューを果たし、それ以降は、成功者として「成功したこと」を曲にしていることが多くなりました。

ANARCHYは、ラッパーとしての活動のほか、俳優や映画監督など活動の幅を広げています。

2008年2月15日には、自身の生い立ちからラッパーになりたての頃までの話を綴った自叙伝「痛みの作文」を発表しています。

現在は自身のレーベル「1%(ONEPERCENT)」を立ち上げて、所属する若手ラッパーのWILYWNKAやLeon Fanourakisなどの育成にも力を入れています。

スポンサーリンク

ANARCHYの生い立ち【両親の離婚〜小学生時代〜中学生時代】

ANARCHYは1981年9月2日に大阪府で生まれ、3歳の時に京都府伏見区向島の市営住宅・向島ニュータウンに引っ越しました。

ANARCHYが7歳の時に両親が離婚して、母親が家を出て行ったので、父親に引き取られて育てられました。

子どもの頃は、父親と2人でかなりの極貧生活を過ごしており、当時の食事はほとんどインスタントラーメンでした。

ANARCHYは小学生の頃から金髪で、当時のあだ名は「金髪ケンタ」で、当時の日課は、夜な夜な出歩いて鍵付きのバイクを探し歩くことでした。

小学生の時に漫画「スラムダンク」にハマり、バスケットボールを始め、中学生の頃にはバスケットボール部のキャプテンを務めていました。

中学時代は、ほとんど授業に出席せず、バスケットボールや遊び、ケンカに明け暮れる日々を過ごしていました。

ANARCHYは中学3年生の時に300人集客した

ANARCHYは、中学1年生の時に初めて行ったクラブでヒップホップと出会い、それがきっかけでヒップホップにハマり、自身でもラップを始めるようになります。

ミックステープが流れるラジカセを囲んで、友人たちとフリースタイルをする日々を送りました。

中学3年生の時には、自分たちでクラブを貸し切って、自主イベント「覚醒」を開催し、300人を集客しました。

スポンサーリンク

ANARCHYの暴走族総長時代

ANARCHYは中学校を卒業後、高校には進学せず、アルバイトをしながらラップ活動をしていました。

16歳のANARCHYに衝撃の出来事が起こります。

地元で「喧嘩祭り」と呼ばれている京都府宇治市の「県祭り」で、ANARCHYの友人が暴走族にボコボコにされる現場にたまたま居合わせてしまいます。

この時に、暴走族に立ち向かうことができなかったANARCHYは、悔しさから父親に「1年だけ暴走族をやらせてほしい」と頼みます。

これをきっかけにANARCHYは、地元の伝統ある暴走族「悪妙」を復活させて、16歳にして総長になります。

ANARCHYは、暴走族の1年間をとにかくケンカに明け暮れ、京都中の暴走族と仲良くなり、この集団がグループ「ANARCHY」へと発展していきました。

ANARCHYは日本三例目の決闘罪で逮捕された

ANARCHYは18歳の頃にケンカが原因で逮捕され、約1年間を少年院で過ごしました。

ちなみに、この時のANARCHYは「決闘罪」という罪に問われました。

決闘罪とは、決闘や決闘に関与することを禁止した法律のことで、決闘罪で逮捕された事例はほとんどありません。

決闘罪が適用されたのは、ANARCHYが日本で三例目です。

逮捕された経緯は以下のとおりです。

京都府宇治市の喧嘩祭りと呼ばれる県祭りで、暴走族同士のケンカが大きくなり、場所を変えることになりました。

その結果、他のチームやが野次馬が集まって200人以上になって、その場にいたOBの提案によって、お互いのチームから5人ずつ出し合って、5人対5人で決着をつけることになりました。

最終的には、ケンカしたメンバー全員が警察に呼ばれることになり、取り調べの結果、決闘罪になりました。

その後、ANARCHYは19歳で少年院を出て、そのまま暴走族を引退しました。

ANARCHYが本気でラッパーを志したきっかけはZEEBRA

ANARCHYは、18歳から少年院で1年過ごしました。

少年院の中で観た音楽番組にZEEBRAが出演しており、これがきっかけで本格的にラッパーになることを志します。

少年院の中から友人に向けて、ラッパーになることの決意表明の手紙を送りました。

ANARCHYはヒップホップクルーとしても活動していた

ANARCHYはソロとしての活動以外に、JC、YOUNG BERY、NAUGHTY、DJ AKIOと共にヒップホップクルー「RUFF NECK」としても活動していました。

RUFF NECKとは「筋金入りのストリート育ち」という意味です。

RUFF NECKは、2002年に1000枚限定シングル「BLACK JACK」をリリースして、即完売となりました。

ANARCHYの交友関係

ANARCHYは、RYUZO、般若、TOKONA-X、AK-69、MACCHO(OZROSAURUS)、YOSHI(餓鬼レンジャー)などと深い交流があり、それぞれコラボで楽曲制作もしています。

さらに、ELLY(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、VERBAL(m-flo)、KOHH、T-PABLOW、SAND、JESSE(RIZE)などともコラボしています。

自身のレーベル「ONEPERCENT」に所属するWILYWNKAやLeon Fanourakisなどの若手ラッパーともコラボしています。

ここからは、それぞれの関係を見ていきましょう

ANARCHYとRYUZOとの関係

ANARCHYは、同じ京都出身ラッパーで4歳年上のRYUZOのことをボスと呼んでおり、ANARCHYが中学生の時から交流があります。

ANARCHYとRYUZOが初めて出会ったのは、RYUZOが主催する年齢制限のあるイベントに、中学生のANARCHYがやってきて「年齢制限で入れないから入れてほしい」と直談判しにきたときです。

RYUZOはANARCHYのことを「ストリートでヤバいやつがいる」と噂で聞いており、中学生でタトゥーが入ったANARCHYを見て「俺のパーティーだから何かあったら俺が責任をとる」とANARCHYを会場に入れてあげました。

そこから、ANARCHYとRYUZOの関係が始まりますが、RYUZOはANARCHYのことをアーティストとして扱っており、ANARCHYを自分のクルーに入れたり、プロデュースしたりしませんでした。

そんな中、ANARCHYと交流のあった、名古屋HIPHOP界のレジェンドTOKONA-Xが、ANARCHYの可能性を見出しており、事あるごとにRYUZOに対して「なぜANARCHYのプロデュースをやらないのか?」と言っていました。

さらに「RYUZO君がやらないなら俺がやる」とも言っていました。

RYUZOが生前のTOKONA-Xと最後に飲んだ日も「RYUZO君がANARCHYのプロデュースをやらないならリスペクトできない」とまで言っていたそうです。

TOKONA-Xの熱い後押しがあり、RYUZOは自身のレーベル「R-RATED RECORDS」の立ち上げにANARCHYを合流させ、日本ヒップホップシーンを巻き込んでいきました。

ANARCHYと餓鬼レンジャーのYOSHIとの関係

ANARCHYは、餓鬼レンジャーのYOSHIとも交流が深いです。

ANARCHYのリリックの中に「餓鬼レンのYOSHIから教わったラップ」とあります。

実際に、餓鬼レンジャーのYOSHIは、15歳のANARCHYにラップを教えたことがあります。

京都で開催されたRHYMSTERのライブに、フロントアクトで出演ていた餓鬼レンジャーのYOSHIは、ライブを最前列で見ていたANARCHYに、ライブ後、マクドナルドで五十音表を使って、韻の探し方などの基礎から教えてあげたそうです。

その後、ANARCHYとYOHSIは、餓鬼レンジャーの楽曲「MAD BOMBER」で共演することになります。

ANARCHYの父親とは?

ANARCHYは、両親の離婚後、父親の北岡翔さんに男手ひとつで育てられました。

父親は「ロックかロックじゃないか」という判断軸で生きており、生活は貧乏でもアメ車を乗り、家にもほとんど帰って来ませんでした。

父親はロカビリーバンドでボーカルを務めており、アメリカンカルチャーにハマっていました。

ANARCHYは、そんなロックな生き方をする父親から、かなり大きな影響を受けています。

父親は、ANARCHYが決闘罪で逮捕されたときも「日本で3回目やぞ!すごいなお前!」と言いながら、新聞の切り抜きを家に貼っていたというエピソードもあります。

しかし、ANARCHYが逮捕されたあとで、「肩の荷が下りたし、ここから1年間はゆっくり寝れるわ」「お前が暴走族やってるときなんかは寝れへんかった」「安心した」と本音を語っています。

父親の北岡翔さんは、ANARCHYへの愛情がとても深い人物です。

ANARCHYの楽曲まとめ

ANARCHYの楽曲をまとめて紹介します。

ANARCHY / Where We From feat. T-Pablow

Anarchy - Fate

ANARCHY - WALKING MAN

ANARCHY GROWTH

Anarchy - Playing In The Ghetto

ANARCHY - LOYALTY

ANARCHY - RIGHT HERE

ANARCHY / Run It Up feat. MIYACHI

ANARCHY / The Professional feat. IO

ANARCHY / Shake Dat Ass feat. AISHA

Awich - WHORU? feat. ANARCHY

24 Bars To Kill/Ski Beatz, Anarchy, Rino Latina II, 漢 & Maccho

I REP/DABO ANARCHY KREVA

ZORN / No Pain No Gain feat. ANARCHY

AKLO / DIRTY WORK (REMIX) feat.ANARCHY

ANARCHY(アナーキー)のプロフィール

名前:ANARCHY(アナーキー)

本名:北岡健太(きたおかけんた)

出身地:京都府伏見区向島

生年月日:1981年9月2日

身長:170cmぐらい

血液型:O型

職業:ラッパー

レーベル:ONEPERCENT

公式サイト:https://the1percent.jp

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク