日本ヒップホップ界のリビングレジェンドである「Mr.Q(ミスター・キュー)」というラッパーの調査結果を報告します。

スポンサーリンク

Mr.Q(ミスターキュー)の調査結果【伝説・人気曲・バトル・家族】

Mr.Q(ミスター・キュー)は、日本の伝説的ヒップホップグループ「ラッパ我リヤ(ラッパガリヤ)」のメンバーで、MCとトラックメイカーを務めます。

ちなみに、Mr.Qの本名は高橋雅治(たかはしまさはる)で、Mr.Qの「Q」は高校時代のあだ名です。

Mr.Qはラッパ我リヤとしての活動を中心に、走馬党(そうまとう)やREAL STYLA(リアルスタイラ)としての活動、ソロとしての活動、最近ではフリースタイルバトルへの参加など、幅広く活動を行なっているラッパーです。

Mr.Qは、間違いなく日本のHIPHOP界の重要人物の一人です。

Mr.Qはヒューマンビートボックスもできるのですが、「日本で一番最初にビートボックスのレコードを出したのは俺だ!笑」と語っています。

最近では、2016年にテレビ朝日の「フリースタイルダンジョン 1st SEASON Rec5-2」に隠れモンスターとして出演し、チャレンジャーのGADOROを見事に倒したのがファンたちの印象に残っています。

Mr.Qは「俺がフローすれば、そこにはリズムが生まれる」と豪語するだけあって、圧倒的な声量と並外れたフローを武器に、フリースタイルバトルや音源でその存在感を見せつけています。

スポンサーリンク

ラッパ我リヤのメンバーはMr.Q・山田マン・DJ TOSHI

ラッパ我リヤは、2MC+1DJで構成されるヒップホップグループで、メンバーはラッパーのMr.Q(ミスターキュー)・山田マン、DJのDJ TOSHI(ディージェイトシ)で構成されています。

山田マンはMC兼トラックメイカーで、MCとしてのソロ活動や「MAN山田(マンヤマダ)」名義でミキサーとしても活動しており、Gacktや松田聖子などの楽曲リミックスも担当しています。

山田マンの本名は、山田智成(やまだ ともなり)で、「山田マン」の名付け親はB-FRESHのBELLです。

DJ TOSHIはDJ兼トラックメイカーで、本名は長田智哉(おさだ としや)です。

ラッパ我リヤの結成秘話

Mr.Q(ミスターキュー)は1993年に、ラッパーのMMC三好 (エムエムシーみよし)、DJのDJ TANAKEN (ディージェイ・タナケン)の3人で「ラッパガリヤ」というヒップホップグループを結成し、活動を始めました。

「ラッパガリヤ」という名前は、MMC三好が名付けました。

その後、3人での活動は事実上休止したので、Mr.Qは「ラッパガリヤ」の名前を継承してソロ活動を続けていました。

その後、Mr.Qは、ラッパーの山田マン(ヤマダマン)と出会って意気投合し、2人のMCによる「ラッパガリヤ」が誕生し、ライブ活動を中心に勢力的に活動を続けていきました。

1995年に、渋谷クラブ「CAVE」で開催されたイベントにラッパガリヤが参加し、そこに現ラッパ狩リヤのメンバーであるDJ TOSHI(ディージェイトシ)も参加しており、これがきっかけで3人は活動を共にするようになりました。

ラッパ我リヤの名曲「ヤバスギルスキル」のリリース

1995年にはコンピレーションアルバム「悪名」に、楽曲「ヤバスギルスキル」で参加し、これがラッパガリヤとして初の参加作品になりました。

1996年には、初の単独作品であるシングル「ヤバスギルスキル PART II」をインディーズレーベル「P-VINE」からリリースしました。

1997年にはグループ名を「ラッパガリヤ」から「ラッパ我リヤ」に表記変更し、Mr.Qが主催のレーベル「走馬党 Entertainment」から12インチシングル「言葉の科学」をリリースしました。

さらに、1998年9月25日に走馬党 Entertainmentから、ラッパ我リヤの初アルバム「SUPER HARD」をリリースしました。

その後、1999年に山嵐のアルバム『未体験ゾーン』収録の楽曲「嵐2000」に客演で参加し、2000年にDragon Ashの楽曲「Deep Impact」にも客演で参加するなど、ラッパ狩リヤとして活動の幅を広げていきました。

ラッパ狩リヤのメジャーデビュー

2000年4月21日にDJ TOSHIがラッパ狩リヤに正式加入し、Victor Entertainmentからシングル「Do the GARIYA thing」を引っさげてメジャーデビューを果たします。

「Do the GARIYA thing」は日本語ラップ界の名曲で、伝説的な楽曲として、現在も多くのヘッズたちに聴かれ続けています。

その後、2000年7月18日にメジャー第1弾となる2ndアルバム『ラッパ我リヤ伝説』をリリースしてオリコン11位にランクイン、2001年7月18日に3rdアルバム『日本改造計画』をリリースしてオリコン20位にランクインしています。

さらに、2003年4月26日には、ラッパ狩リヤの3人が主演する映画『3on3』(監督:佐々木浩久)が、チアトル池袋のレイトショーで公園されました。

2003年の夏に開催されたヒップホップイベント「B-Boy Park 2003」のテーマ曲にシングル「NORINA」が起用され、イベントのトリを務めました。

さらに、2003年はラッパ狩リヤが結成10周年だったこともあり、多数のヒップホップアーティストが参加したイベント「乾杯!」が開催されました。

ラッパ狩リヤの活動休止から活動再開まで

その後、ラッパ狩リヤは、2005年11月30日にはColumbia Music Entertainmentに移籍、2006年10月にはFOR-SIDE COREに移籍、2009年4月には徳間ジャパンコミュニケーションズに移籍して、7thアルバム『MASTERPIECE』を発売しましたが、これ以降、表立った活動がなく、事実上の活動休止状態になりました。

その後、2015年5月14日に6年ぶりに活動を再開し、新曲「MORE FIRE!」をリリースし、2017年3月29日には8年ぶりとなるアルバム「ULTRA HARD」もリリースしています。

最近は、Mr.QがバトルMCとしてフリースタイルバトルに参加したり、ラッパ狩リヤとしては韻踏合組合ともコラボで楽曲を制作するなど、勢力的に活動をするようになっています。

スポンサーリンク

Mr.Q(ミスターキュー)の走馬党・REAL STYLAとしての活動

1997年には、Mr.Qがリーダーを務めるヒップホップグループ「走馬党(そうまとう)」を結成しました。

その後、インディーズレーベル「走馬党 Entertainment」を設立しています。

さらに、Mr.RR名義で、ラッパガリヤ結成当初のメンバーである三善/善三(みよし・ぜんぞう)と共に、ヒップホップグループ「REAL STYLA(リアルスタイラ)」としての活動も行なっています。

Mr.Q(ミスターキュー)のソロ活動

Mr.Q(ミスターキュー)のソロ音源としては、2006年には1stソロアルバム「THE BANGSTA」をリリースし、2018年には2ndソロアルバム「Let's Get!」をリリースしています。

さらに、Mr.Qは、ZEEBRA、 DJ MASTERKEY、 DJ OASIS、MCUなどの楽曲に客演として、ソロで参加もしています。

最近では、KEN THE 390の楽曲「インファイト」にも客演として参加し、ERONE、FORK、裂固と共に絶妙なハーモニーを生み出し、人気楽曲となっています。

Mr.Q(ミスターキュー)の楽曲やステージに対する想い

Mr.Q(ミスターキュー)は、ステージに立てることに対して、有り難みを感じています。

「いろいろな人たちが関わって、サポートしてくれるからこそ舞台に立てるわけなので、それをわかったうえでやるのと、知らないでやるのとでは全然違う」とコメントしています。

さらに、フリースタイルダンジョンに出演した時に、いとうせいこうがMr.Qのフリースタイルを聴いて、ワイプでガンガン乗っているのを見たときに、「自分が生きていること」を改めて実感できたと語っています。

Mr.Qjは、ジャンル分けという概念自体をナンセンスだと考えており、ラッパ我リヤとは違うものが自分の中にたくさんあり、それを様々な場所で表現することを大切にしています。

Mr.Qはヒップホップだけではなく、ロックやレゲエなども好きなので、最近では楽曲にはそれらの感性を盛り込み、みんなに楽しんでもらえるような作品を作ることも意識するようになっています。

Mr.Q(ミスターキュー)の母に対する想い

Mr.Q(ミスターキュー)のお母さんは、10年以上前に亡くなっており、亡くなってから10年経ってようやく気持ちの整理がつけられるようになったと語っっています。

Mr.Qの楽曲「手紙」には、この時の想いが込められており、Mr.Qにとって特別な曲になっています。

この曲を聴くといまだに冷静でいられなくなるので、ライブでは絶対に歌えない。それくらいMr.Qさんにとってお母さんの死は強烈な体験だった、と語っています。

母への想いが込められた楽曲「手紙」

楽曲「手紙」には、人と人との温もりを伝えたいというMr.Qの想いがつまっています。

Mr.Qさんのお母さんは癌だったそうで、還暦を迎えられなかったことを本当に残念に思っており、今の状況を見せたかったと言っています。

これらの影響もあり、「やれるときにやれることをやる」「毎日ドロップキックしてでもチャンスを拾っていきたい」という攻めの姿勢で生きることを大切にしています。

Mr.Q(ミスターキュー)の人気曲まとめ

Mr.Q(ミスターキュー)の人気曲をまとめて紹介していきます。

Mr.Q(ミスターキュー)のフリースタイル動画まとめ

Mr.Q(ミスターキュー)のフリースタイル動画をまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク