フリースタイルダンジョンの2代目・3代目モンスターを務める名古屋のラッパー「呂布カルマ(りょふかるま)」についての研究結果を報告します。

スポンサーリンク

呂布カルマの情報まとめ【出身地・学歴・人気曲・バトル成績・動画】

呂布カルマ(りょふかるま)は、1983年1月7日生まれで、愛知県名古屋市のラッパーです。

Abema TVの人気番組「フリースタイルダンジョン」の2代目・3代目モンスターとして活躍しています。

また、自身で立ち上げたレーベル「JET CITY PEOPLE」の主宰でもあり、コンスタントに楽曲やアルバムをリリースしています。

あなたは呂布カルマについてどのような印象を持っていますか?

「フリースタイルバトルで韻を踏まないラッパー」「なんかほかのラッパーとは違う雰囲気がある」など、ネットの口コミを見ていると、このような印象を持っている方が多いようです。

しかし、呂布カルマの本当のすごさはその名の通りかなりの戦略家であることです。

呂布カルマの名前の由来は、三国時代なのにどの国にも自由に行けて重宝されてやりたい放題やっている「呂布」と語感だけで組み合わせた「カルマ」からついています。

呂布カルマのラッパーとしての戦略とは?

「呂布カルマが三国時代の呂布のような戦略家ってどういうこと?」と思ったあなたに伝えたいのが、呂布カルマはあえてほかのラッパーとはちがうポジショニングをとることで、戦略的に今の地位を確立することに成功しているという事実です。

呂布カルマがラッパーになったのは、大学生の時にライブで見たラッパーのパフォーマンスのクオリティーの低さに「こんなヤツでもやれてるなら絶対に自分でもできる」と思い、ダースレイダーにデモテープを送ったのがきっかけです。

もともと芸術大学を卒業して漫画家を目指していた呂布カルマは、漫画家になるよりもラッパーになったほうが自分は活躍できるとこの時に判断したのです。

ラップバトルの大会に出場し始めたころの呂布カルマは、ほかのラッパーと同じように韻を踏んでフリースタイルバトルをしていました。

しかし、このままではなかなか勝てないと判断して、今の呂布カルマのバトルスタイルでもある「韻を踏まないスタイル」に変えていきました。

その後、バトルでもどんどん勝てるようになっていき、オールバックにサングラスで柄シャツという特徴的なファッションスタイルもあり、呂布カルマというラッパーのブランディングを確立していきました。

「超越」のリリックから読みとる呂布カルマの戦略とは?

呂布カルマは、餓鬼レンジャーとの「超越」という曲の中で、次のリリックを残しています。

形から入りたがるワナビーmc's

全員無視

こちとらとっくのとうに遠く通り過ぎた

天翔けるほうき星

このリリックからもわかるように、呂布カルマはこれまでの優秀なラッパーの定義である「韻を上手に踏めること」をぶち壊して、「韻を踏まなくてもカッコよければいい」に再定義してしまったのです。

こうして、呂布カルマはニュータイプ型のラッパーとして自身のポジションを絶対的なものにしていきました。

これはどの業界に対してもいえることですが、王道の優秀なスタイルは、そのうち多くの人たちに真似されてコモディティ化します。

呂布カルマは、自分がほかのラッパーたちと同じようにコモディティ化して埋もれてしまわないように「芸術大学出身×漫画家×フリースタイルダンジョンモンスター×レーベル主宰×名古屋×バトル優勝×音源」という形で、様々なものを掛け合わせて、自分を何万人に1人の希少な人材にしていったのです。

呂布カルマの出演番組

呂布カルマは過去のMCバトルで華々しい好成績を残したことがきっかけで2016年からはAbemaTVの人気番組「フリースタイルダンジョン」で2代目モンスターとしてレギュラー出演しています。

また、同じくAbemaTVのラップ番組「NEWS RAP JAPAN」では、ラポーターとしてもレギュラー出演しています。

2019年の呂布カルマは、名古屋出身ラッパーの中で最もメディア出演の多いラッパーとなっています。

スポンサーリンク

呂布カルマのMCバトル成績まとめ

呂布カルマのこれまでのMCバトルでの優勝実績は以下のとおりです。

戦極MC BATTLE 第12章優勝、THE罵倒 2015 GRAND CHAMPIONSHIP優勝、SPOT LIGHT 2015優勝、戦極MC BATTLE 第14章×As ONE優勝、SPOT LIGHT 2018優勝、KING OF KINGS GRAND CHAMPIONSHIP 2018優勝、ADRENALINE FINAL 2019優勝。

UMBの名古屋予選・愛知予選の実績は以下のとおりです。

ULTIMATE MC BATTLE 2011 名古屋予選準優勝、ULTIMATE MC BATTLE 2012 愛知予選準優勝、ULTIMATE MC BATTLE 2013 愛知予選 準優勝、ULTIMATE MC BATTLE 2014 愛知予選優勝、ULTIMATE MC BATTLE 2016 愛知予選優勝、ULTIMATE MC BATTLE 2017 愛知予選優勝。

呂布カルマがラップを始めたきっかけ

呂布カルマがラップを聴き始めたのは、大学生になってからです。

その後、自身がラップを始めるようになったのは、「Da.Me.Records」の影響でした。

録音状態が悪い状態の人たちが出てきたのを聴いて、「これなら自分にも出来る」と思い、いてもたってもいられなくなってデモテープをダースレイダーに送りました。

その後、ダースレイダーから「ライブをやっているのか?」というメールの返信があり、

「ライブはやっていない」と返すと、「ラッパーの体力はライブで培われるものだ」と言われ、これがきっかけで、遊びに行ったクラブで渡された新人発掘ライブのフライヤーを見て、ライブを始めることになりました。

呂布カルマがバトルに出場したきっかけ

呂布カルマは、2005年にULTIMATE MC BATTLEが始まって、日本のラップバトルシーンが盛り上がっていた時に、「これなら俺でも勝てるな」と思ったのがきっかけで、M Cバトルに出場するようになりました。

MCバトルでは「韻にこだわらなくても、音源聞いてみたいと思わせるフリースタイルをしよう」と決めて出場し続けて、最初は負けが続いていましたが、それでも徐々に勝てるようになっていき、バトルMCとしての地位を築き上げていきました。

呂布カルマがフリースタイルラップバトルに出場する理由

フリースタイルバトルの大会に出る多くのラッパーが「バトルで優勝して有名になる」という目的を持って大会に出場しています。

しかし、呂布カルマはフリースタイルラップバトルに出場する意味を冷静に分析し、自分がMCバトルの大会に出場する理由を「自分の楽曲を聴いてもらうため」と決めています。

フリースタイルバトルに勝とうとして無理なラップをしたり、自分の世界観が壊れるような無茶はせず、呂布カルマの世界観という判断軸をしっかり持ったうえでフリースタイルバトルをしています。

だから、呂布カルマは多くの人の印象に残るのです。これが呂布カルマの本当のすごさです。

呂布カルマのバトルスタイル

呂布カルマはMCバトルの中で、言葉の重みをウエイトと呼んだり、使い古された韻は使わないなどの発言をしたりして、独自の世界観を創造しています。

また、言葉選びのセンスが、とても優れているラッパーです。

呂布カルマのトレードマークは、オールバックにサングラスで柄シャツというヤバい筋の人にしかみえない圧倒的なファッションスタイルで、かなり個性を放っています。

呂布カルマのバトルスタイルは、言葉のウエイト(本人曰く言葉の重みという呼び方はダサいと思っているそうです)を重視するスタイルで、相手へのアンサーや人間性に対して矛盾点を見つけて的確かつ強烈なDISをぶつけていくスタイルです。

また、フロウやリズムキープもバトルMC中では群を抜いていて、難しいビートでも対応することができます。

さらに、フリースタイルダンジョンの2代目ラスボスのR-指定は「呂布さんは韻を踏まないラッパーと思われてるかも知れへんけど、本当はめちゃめちゃ韻を大切にしている人で目立たないところで結構たくさん韻を踏んでいるんですよ」と語っています。

呂布カルマ語るR-指定とのバトルに対する本音とは?

「生活はそんなに変わってない。ただ、バトルに関しては俺が日本中で誰よりもやっている。音源、ライブ、バトルのバランスでいったら、誰よりも俺がやっているという自信がある。だから、誰と戦っても勝って当たり前だと思っている。R-指定以外はですけどね。」と語る呂布カルマ。

フリースタイルダンジョンで、初代モンスターとして呂布カルマの前に立ちはだかったR-指定とのバトルで、自らバトルを打ち切った理由について、次のようにコメントしています。

R-指定は韻を踏むのがめちゃくちゃ上手くて、過去に自分は負けているんですね。

R-指定のバトルは何回も見たことがあって、めちゃくちゃ強いのを知っていたので、その時も勝てると思っていなくて。

だから、今回のバトルもR-指定がすごく調子が悪ければ勝てるかなくらいの感じで、バトルに臨んでいたんですけど。

あの日はR-指定が4人目に出てきたんですけど、自分の中ではR-指定が出てくるまでに、R-指定が得意なライミングを無力化するような誘導をしておかないとな、と思いながらやっていました。

それで、3人目まで倒せたから、その日の正義を俺に向かせることができてるのかなと思ってたんですけど、R-指定が最後の最後にもろにネタっぽい感じの、佐村河内、的場高知、名古屋コーチンみたいなライムを四小節くらいバチーンと決めてきたんですね。

僕の目論見では、もうその時点でそういうのを言っても湧かないと思っていたんですけど、客がその日一番くらいにバカみたいに盛り上がっちゃってドカーンとなったんで、これはもうダメだなと思って。

あぁそうなんだ、やっぱりここはRの庭なんだなと思って、単純に動揺しちゃったっすね。

スポンサーリンク

呂布カルマの学歴・出身地・奥さん・好きなもの

ここからは呂布カルマの最終学歴や出身地、奥さんや好きなものについて紹介していきます。

呂布カルマの最終学歴

呂布カルマの最終学歴は、「名古屋芸術大学美術学部デザイン学科 イラストレーションコース卒業」です。

現在も、こちらの大学とは繋がりがあり、JET CITY PEOPLEの相方である鷹の目と一緒に名古屋芸術大学のパンフレットに卒業生としてインタビュー記事が掲載されています。

呂布カルマの出身地と居住エリア

呂布カルマは小学校時代に大阪府で過ごしていた時期があるので大阪出身と思われることが多いですが、中学生の時に名古屋に引っ越してきて以来、ずっと名古屋を拠点に活動をしているラッパーです。

噂では、現在は名古屋市天白区に住んでいるらしいです。

呂布カルマの奥さんとは?

呂布カルマは、もともと漫画家になるのが夢でした。

「週刊少年チャンピオン」が好きで、クローズやグラップラー刃牙が特に好きでした。

呂布カルマの奥さんは、プロの少女漫画家です。

大学時代のクラスメイトだった奥さんは、当時からプロの漫画家として活動をしていました。

しかし、呂布カルマが憧れていた「プロの漫画家」をしていた奥さんが、自分が描きたいものではない漫画を泣きながら描いている仕事姿をみて、「ただ、喧嘩が描きたかった自分では漫画家が無理だ」と思い始め、その頃から息抜きにラップをするようになりました。

大学を卒業した後、親には漫画家になると言って、就活はせずにフリーターをしながらラップを続けていました。

呂布カルマが巨大な建築物を好きな理由

呂布カルマは、歴史にはそこまで興味はないですが、大きな建築物が好きで、城や神社仏閣を見るのが好きです。

しかし、当時の武士の生活に対しては、「正直、羨ましいとは思わない。すごく不便そうに感じる。それよりも、庶民たちの方がよっぽど楽しそう。」と語っています。

呂布カルマが建物の中で1番好きなのは「東京都庁」で、モノとしての存在感の大きさに圧倒され、究極の手作りによって建てられているところに魅力を感じています。

偶然にそこにあるわけではなく、全部が計算されて、全部に意味があって作られているところにエネルギーを感じる、とコメントしています。

呂布カルマが名古屋にこだわり続ける理由

全国的に知名度が高くなってきた今でも、呂布カルマが名古屋にこだわり続ける理由は『東京は人口が多くて日本経済の中心で芸術文化の密度も日本で1番だけど、必ずしも東京にいなければ「一流を目指せない」「夢を叶えられない」わけじゃないことを証明するため』だと語っています。

実際に東京で仕事をするようになって、一流のプロとプロの皮を被った子供だましの連中がいることに気づいたとも語っています。

フリースタイルダンジョン でのバトルで呂布カルマは以下のような言葉を残しました。

「HIPHOPで飯を食う、地元に還元する、それが出来ないヤツばかりが『レペゼン、レペゼン』言う。もう聞いてらんねぇよ、俺が地元を飛びだない理由」

「それが出来てねぇのがお前で、俺も輪入も出来てんだ、それが。地元に流した金、それで育つ芽、次は名古屋のヤツがチャレンジャー。お前みたいに1回負けたヤツがもう1回上がってくんな、舐めんな。呼ばれたとかじゃねぇよ。」

「俺の地元のヤツ、次ここに呼ぶ、そん時お前の席はないでしょう」

このように呂布カルマは、名古屋のHIPHOPシーンを盛り上げるために、自分が実績を残して有名になり、地元で飯が食えてないラッパーたちにチャンスの場を与えようとしているのですね。

呂布カルマが語る名古屋ヒップホップシーンとは?

呂布カルマは名古屋に対しての愛着心が強く、「ラッパーの呂布カルマとして少しずつ評価されてきてるけど、まだまだ足りない。それにちゃんと名古屋とセットで、名古屋の呂布カルマとして語られる存在になりたい」と語っています。

ちなみに、呂布カルマの行きつけのバーは名古屋にある「日本酒処 またたび」というお店で、地方から名古屋にきたミュージシャンを連れてきて、日本酒をしっぽり飲みながら熱い話をしています。

呂布カルマは「名古屋は東京や大阪になびかず、自分たちで自分たちだけの文化をつくろうとしている街」であることを気に入っていて、1児の父として子育てをするなら名古屋でしたいと考えています。

まだまだ名古屋のヒップホップシーンの盛り上がりがイマイチと感じており、名古屋出身ラッパーとして「呂布カルマ」の知名度が上がってきた今だからこそ、地元のために何ができるのかを模索し続けている、とコメントしています。

呂布カルマは死後のことまで考えない

呂布カルマは、死んだ後のことまで考えるのは品がないと考えています。

「時代を象徴したラッパー」という感じで、何百年後に語り継がれるのは面白いけど、「死んだ後まで自分の名を残したい」っていうのは、下品な自己顕示欲だと言っています。

「死んだらゼロでいい」「生きている間にしっかり評価してほしい」というのが呂布カルマの考え方です。

絵画の世界にも、死んだ後で評価されるという話があるが、自分の死後に転売ヤーたちに金儲けで自分の作品が使われることを考えると、死んでも死に切れないと言っています。

呂布カルマの人気曲まとめ12選

「芸術大学出身」というラッパーとしては珍しい経歴の持ち主であることが、呂布カルマの創り出す楽曲の独特な世界観に影響を与えており、彼の楽曲は一度聴くとクセになって何度でもリピートしたくなります。

ここからは、呂布カルマの人気曲をまとめて紹介します。

俺の勝手 / 呂布カルマ

オーライオーライ / 呂布カルマ

超越 / 餓鬼レンジャー feat.呂布カルマ

BACKBORN / NAIKA MC,MC CARDZ,呂布カルマ,RITTO

white heaven / 呂布カルマ

ヤングたかじん / 呂布カルマ

イカレテロ / 呂布カルマ

恥知ラズ / 呂布カルマ

All下衆Out / SOCKS feat.呂布カルマ

モクメのGRIP REMIX / "E"qual & DJ RYOW feat. 般若, 呂布カルマ

天竺 / 呂布カルマ

賞味スキル / BASE feat.呂布カルマ

呂布カルマの調査結果まとめ

最後に呂布カルマの調査結果のまとめです。

  • 名古屋出身ラッパーで初のフリースタイルダンジョンモンスター
  • MCバトルでも好成績を残してきたラッパー
  • 名古屋でメディア露出が1番多いラッパー
  • 名古屋を愛して名古屋のヒップホップシーンを盛り上げようとしている
  • 韻を踏まないラッパーという印象が強いがもともと韻への愛が溢れているラッパー

呂布カルマのプロフィール

名前:呂布カルマ(りょふかるま)

別名義:ヤングたかじん

誕生日:1983年1月7日生まれ

在住:愛知県名古屋市

職業:フリースタイルダンジョン の2代目・3代目モンスター

学歴:名古屋芸術大学美術学部デザイン学科 イラストレーションコース卒業

MCバトル実績:戦極MC BATTLE 第12章優勝、THE罵倒 2015 GRAND CHAMPIONSHIP優勝、SPOT LIGHT 2015優勝、戦極MC BATTLE 第14章×As ONE優勝、SPOT LIGHT 2018優勝、KING OF KINGS GRAND CHAMPIONSHIP 2018優勝、ADRENALINE FINAL 2019優勝、ULTIMATE MC BATTLE 2016準優勝、ULTIMATE MC BATTLE 2017ベスト4、ULTIMATE MC BATTLE 2018 THE CHOICE IS YOURSベスト4、ULTIMATE MC BATTLE 2019 THE CHOICE IS YOURS準優勝

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

スポンサーリンク